不眠症ガイド

不眠症の種類は4種類【図解】

具体的には興奮した時に活性化する交感神経の働きを抑えることが大切なのですが、その要素をお伝えする前に、まず不眠症の種類について簡単に分類してみます。

不眠症の種類は4種類【図解】

不眠症の4種類

入眠障害

不眠症の中でも多くの方が一番悩むのがこの入眠障害です。簡単にいえば「寝付きが悪い状態」ということになります。

時間で言うと、30分~1時間、ベッドに入り、横になっても寝付けず、ひどい場合には2時間以上も眠れないケースがあったりもします。ただし、寝付きが悪いだけで、眠ってさえしまえば大体は朝まで眠れるパターンです。

熟眠障害

これは一言でいうと「眠りが浅い状態」です。ぐっすり眠れないんですね。

私も経験しましたが、朝起きて眠ったと思っているのになぜかとても眠たくてなかなか起きられず、昼になってもまだ眠気が来たりします。昼間に頭がボーっとしている状態が多くなるので、仕事をしている方などはとてもつらい症状です。

早期覚醒

コレも一言でいうと、「寝たいのに早く起きてしまう状態」のことです。

ご老体になってくると現れやすい症状ですが、うつ病や不眠症の方にも出やすい症状です。これには交感神経が関係している場合が多く、感覚が高ぶっていたりするので当然起きてしまうと眠れずに、睡眠時間が十分に取れない状態が続きます。

中途覚醒

これが結構厄介で苦しい状態ですね。寝たいのになぜか起きてしまう。トイレに何度も行かなければならない状態が続く。さらに、起きてしまったあとにまた眠りに付くことがなかなか出来なかったりして、結局良く眠れなかったという状態が続きます。中に起きてもまたすぐ眠れる方もいます。入眠障害と併発しやすい症状です。

記事は不眠症の種類は4種類【図解】|不眠症のガイド、コピーしないでください

Be the First to comment.